ヤクペディア

お薬や薬剤師の様々な疑問を解決していく百科事典ブログです

外来服薬支援料をわかりやすく解説!算定事例やレセプト、薬歴の記載事項も紹介するよ!

f:id:huji7:20200311224028j:plain

今回のテーマは外来服薬支援料

名前は聞いたことがあるけど、よくわからないので実際に算定したことはない!

という薬局が多いのがこちらの算定です。

今回は、具体的な事例も紹介しながら外来服薬支援料についてわかりやすく解説していきたいと思います。

点数は?

185点  1人の患者につき、月に1回だけ算定することができます。 

算定要件は?

まずは厚生労働省が発行している告示文を見ていきましょう。

注1 自己による服薬管理が困難な患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者が服薬中の薬剤について、当該薬剤を処方した保険医に当該薬剤の治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を確認した上で、患者の服薬管理を支援した場合に月1回に限り算定する。

 

患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、患者又はその家族等が保険薬局に持参した服用薬の整理等の服薬管理を行い、その結果を保険医療機関に情報提供した場合についても、所定点数を算定できる。

 

区分番号15に掲げる在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者については、算定しない。 

引用元:平成30年診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示)別表第3(調剤点数表)

非常にわかりにくい。

「あえて分かりづらくしているのでは?」と思ってしまうほどです。

次の項目で具体的な事例を紹介していきます!

算定できる具体的な事例とは?

f:id:huji7:20200313213526j:plain

外来服薬支援料を算定できる事例を5つ紹介していきたいと思います。

事例① 他薬局でもらっていた薬も合わせて一包化するケース

患者さんは、精神科の薬(一包化)を他の薬局でもらっていた。そして今回、内科で血圧の薬が新しく処方された。患者さんが「飲み忘れをさけるためにも、いつも服用している精神科の一包化薬を開封し、血圧の薬と合わせて再度一包化してほしい」と言ってきた。

事例➁ 他の薬局で調剤されたヒート薬を一包化するケース

患者さんと話していると、他の薬局でもらっている薬(ヒート薬)をたまに飲み忘れてしまうことがあるとわかった。一包化を紹介したところ「試しに一包化して薬を飲んでみたい。明日、薬をこちらの薬局に持ってくるので一包化してもらえないか?」と言われた。

事例③ 別に一包化した薬を、合わせて再度一包化するケース

精神科と循環器それぞれの薬を一包化して渡していた。後日、患者さんが来局し「服薬を少しでも楽にしたいから、この2つの一包化薬を合わせて一包化し直してほしい」と言われた。

事例④ 患者さんの家に訪問しお薬の整理をしたケース

患者さんと話していると、どうやらお家に大量の薬の残薬があり何がなんだかわらかない状況になっているとわかった。一度家に来て薬の整理を手伝って欲しいとの要望を受けたので、患者さん宅に訪問し不要な薬や残薬を整理した。

厚生労働省の通知では、訪問時の具体的な作業内容は明記されていませんが、わざわざ家まで訪問し薬の服薬を手助けしたわけです。一包化せずに薬の整理をしただけでも算定は可能と思われます。

事例⑤ 2枚の処方箋を受付し合わせて一包化するケース 

患者さんが2枚の処方箋(病院は異なる)を持って来局した。患者さんが「服薬を少しでも楽にしたいので、この2枚の処方箋薬を合わせて一包化してほしい」と言ってきた。

こちらの事例が算定可能かどうかは、よく議論になると思われますが結論から言うと算定は可能です。

なぜ議論になるかと言うと、こちらの疑義解釈があるためです。

平成24年厚生労働省発行の疑義解釈

同一又は異なる保険医療機関の複数診療科から処方日数の異なる処方せんを保険薬局が受け付けた場合、薬剤等を整理し、日々の服薬管理が容易になるように支援すれば、その都度、外来服薬支援料を算定できるのか。

 

(答)算定できない。外来服薬支援料は、患者または家族が持参した「服薬中の薬剤」 に関する服薬支援を評価しているものである。

引用元:平成24年度診療報酬改定 事務連絡  疑義解釈資料の送付について  その8 〈別添3〉

この回答を見る限りでは、外来服薬支援を算定するためのポイントは服薬中の薬剤に対して支援をおこなった時だけ算定できると記載があります。

しかし!

こちらをご覧下さい。

平成30年年度版・保険調剤 Q&A

Q150 異なる保険医療機関から交付された処方箋で、ともに一包化の指示があるものについて、患者の希望に応じてこれらを一包化したような場合には、外来服薬支援料を算定することはできますか。また、もし算定できるとしたら、「月◯回まで」のような制限はあるのでしょうか。

 

A 算定できます。ただし、処方箋を受け付けと同時に実施する場合には、処方箋に係る調剤料は内服薬のみ算定してください。(一包化加算は算定できません)。また、算定回数については、平成28年4月より「月1回に限り」とされています。

引用元:平成30年版 保険調剤Q&A Q150

質問の内容はほぼ同じですが、

回答内容は真逆で外来服薬支援料を算定できると記載があります。

解釈が途中で変更になったと考えて間違えないでしょう。

恐らくこの事例⑤が薬局で一番よく遭遇するケースだと思われます。

このケースが算定できることを知っておくことは非常に重要なことです。

算定できない事例とは?

f:id:huji7:20200313214241j:plain

外来服薬支援料を算定できない事例を1つだけ紹介しておきます。

服薬途中で処方医から中止の指示があったため、一包化した調剤済みの薬剤から薬を取り除いたケース

一包化調剤して薬を渡していた。後日、一包化した薬の中で副作用がでている薬が1剤あるため、処方医からその1剤だけ中止するよう患者さんに指示があったらしい。そのため、患者さんが「一包化した薬から副作用がある薬だけを取り出して、再度一包化してほしい」と言ってきた。

一見、問題なく算定できそうなケースですが、こちらは算定不可となります。

このようなケースは無料でやって当たり前という解釈なのでしょう。

結構このケースも手間がかかりますけどね。※平成30年版 保険調剤Q&A Q151を参照

算定するための注意点は? 

f:id:huji7:20200313214810j:plain

ここでは、外来服薬支援料を算定するための注意事項をいくつか紹介しておきます。外来服薬支援料は、簡単には算定させてくれません!

医師への確認 or 医師への情報提供が必要

外来服薬支援料を算定する際は、薬剤師だけで必要性を判断し、そのまま薬剤師だけで完結させるというのはいけません。

冒頭で紹介した厚生労働省発行の告示文にもあるように、

支援前に薬を処方した医師へ必要性を確認 or 支援後に医師への情報提供が必要となります。もちろん可能であれば、医師への確認と情報提供どちらもおこなう方がより良いでしょう。

外来服薬支援料と一包化加算は同時算定できない

算定できる事例で紹介したように、外来服薬支援を行う際は一包化調剤をする機会がとても多いです。普通に考えれば外来服薬支援料と一包化加算を同時算定したいところですが、同時算定はできない厚生労働省の通知文に明記されています。

外来服薬支援は、処方箋によらず、調剤済みの薬剤について服薬管理の支援を目的として行うものであるため、薬剤の一包化を行った場合でも、調剤技術料は算定できない。

引用元:平成30年診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)別添3(調剤点数表)区分14の2

外来服薬支援料と薬局の基本料は同時算定できない

一包化加算を同時に算定できないのはわかったとして、薬局の基本料(調剤基本料や地域支援体制加算、後発医薬品調剤体制加算など)は同時に算定したいところです。しかし残念ながら基本料も同時算定はできないと保険調剤Q&Aに明記されています。

外来服薬支援料を算定する場合、処方箋受付回数は生じません。

したがって、外来服薬支援料と併せて、調剤基本料、地域支援体制加算、後発医薬品調剤体制加算などの点数を算定することはできません。

引用元:平成30年版 保険調剤Q&A Q149

ブラウンバックを配布し、取り組みを患者に周知すること

f:id:huji7:20200314174451p:plain

引用元:SHINRYO ブラウンバッグ いろいろ

ブラウンバッグ。つまりは残薬回収袋を事前に患者さんに配布しておき、さらに残薬回収の取り組みを薬局内で知らせておく(ポスター等)必要があります。 

算定に当たっては、あらかじめ、患者又はその家族等に対して、保険薬局へ服用中の薬剤等を持参する動機付けのために薬剤等を入れる袋等を提供し、患者等が薬剤等を持参することで服薬管理を行う取組(いわゆるブラウンバッグ運動)を周知しておく。

引用元:平成30年診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)別添3(調剤点数表)区分14の2 

ブラウンバックについて詳しく知りたい方はこちら!

レセプト摘要欄に必要事項を記載すること

レセプト摘要欄への記載を忘れると、返戻にあってしまう可能性もあるため、こちらも非常に重要です。

<レセプト摘要欄への必要記載事項> ※平成30年版 保険調剤Q&A Q153を参照

服薬支援をおこなった日付

服薬支援した薬を処方した医師の名前病院の名称

薬歴へ必要事項を記載すること

レセプト摘要欄に加えて、薬歴にも必要事項を記載する必要があります。

薬歴への必要記載事項は4点あります。

<薬歴への必要記載事項>

① 処方医の了解を得た旨 or 処方医へ情報提供した内容

服薬支援の内容

服薬支援の理由

服薬支援をおこなった薬の名称

外来服薬支援料を算定する場合は、服薬支援に係る薬剤の処方医の了解を得た旨又は情報提供した内容並びに当該薬剤の名称、服薬支援の内容及び理由を薬剤服用歴の記録に記載する。

引用元:平成30年診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)別添3(調剤点数表)区分14の2 

最後に

いかがでしたか?

外来服薬支援料を算定するためには、様々なハードルがあることがわかっていただけたかと思います。

とても手間のかかる算定ではありますが、地域支援体制加算を算定するためには外来服薬支援料の算定件数を増やしていく必要があります。

地域支援体制加算の算定要件を詳しく確認したい方はこちら!

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

ではまた。