ヤクペディア

お薬や薬剤師の様々な疑問を解決していく百科事典ブログです

薬剤師が解説!登録すべき転職サイト3社を徹底比較!失敗しない転職サイトの選び方とは?

f:id:huji7:20200607225701j:plain

今回のテーマは転職サイトについて。

薬剤師は、とても転職が多い職業として知られています。そのため、薬剤師の転職をサポートしてもらえる会社(転職サイト)は、とても多く存在します。

その数、なんと数十社!

一体何が違うのでしょうか?

今回は、数十社の中から厳選した登録すべき薬剤師転職サイト3社を紹介し、各社の違いや特徴を徹底解説していきます。 

① 薬キャリ

f:id:huji7:20200605013954p:plain

運営は、エムスリーキャリア。医師や薬剤師のキャリア支援を主に行っている東証一部上場企業です。

現状、薬剤師転職サイトの中で登録者数は業界No1なので、登録しておいて間違えはない転職サイトと言えるでしょう。

特徴① スピーディーに転職可能

薬キャリの大きな特徴として、他社よりもスピーディーに転職が可能な点が挙げられます。薬キャリ専属のコンサルタントは、電話とメールのやり取りのみで転職をサポートしてくれるのですが、コンサルタントの質は非常に高いです。

私も薬キャリを利用した経験がありますが、最初に丁寧に希望の条件を確認してもらい、翌日には5つほどの希望にあった求人を探してもらえました。その後も追加条件を言うたびに、スピーディーに的確な求人を探してもらえたので、とても助かりました。

一刻も早く転職したいという方や日々の業務が忙しくて、コンサルタントと直接会う時間がない人などにとっては、薬キャリは一番おすすめの転職サイトと言えるでしょう。

特徴② 他にない検索機能が魅力

薬キャリは、ちょうど痒いところに手が届くようなこだわり条件で求人を検索することができます。 

f:id:huji7:20200601232438p:plain

特にママ薬剤師にお薦め独立支援制度あり有給休暇の取得推奨などのこだわり条件は、後述する転職サイトにはない薬キャリだけの検索条件となります。 

特徴③ 企業の口コミを閲覧可能

薬キャリに登録し、現在または過去に働いていた会社の口コミを投稿することで、他人が記載した口コミを閲覧できるようになります。あくまでも口コミなので、鵜呑みにするのは危険ですが、参考程度にはなるでしょう。(※1件の口コミを書くことで1法人分の口コミが閲覧可能)

特徴④ 多くの転職サイトと提携

薬キャリで検索できる求人は膨大ではありますが、実は薬キャリが独自でだしている募集案件はそれほど多くはありません。

f:id:huji7:20200530000207j:plain

※上の写真の赤い丸を参照。他の転職サイトがエムスリーキャリアに広告費を支払うことで、広告を載せてもらっている。

つまり、薬キャリのサイトに登録したのに、「担当するコンサルタントは、違う転職サイトのコンサルタント」なんてことが起こるわけです。

ちなみに薬キャリと提携している転職サイトはとても多く、後述する大手転職サイトも全て含まれます。

f:id:huji7:20200529123056p:plain

つまり、薬キャリは転職案件のまとめサイトと言っても過言ではありません。(全ての案件が薬キャリに掲載されているわけではない)

良い点としては、多くの案件を確認できる一方、悪い点としては、コンサルタントの質にばらつきがある可能性があります。

一概に薬キャリ以外のコンサルタントが悪いというわけではありませんが、求人に応募する際は、どこの転職サイトがだしている求人なのか一応確認してから応募しましょう。

特徴⑤ 派遣薬剤師の福利厚生は業界一

薬剤師の中には、派遣薬剤師として働くことを考えている方もいるでしょうが、薬キャリでは、派遣薬剤師の求人紹介も豊富です。また、薬キャリの大きな特徴として、業界一の福利厚生制度が魅力(派遣薬剤師として雇用契約した場合)です。健康保険や雇用保険はもちろんのこと、産休、育休、無料の健康診断(年1回)といった充実ぶりです。

f:id:huji7:20200607224103p:plain

薬キャリの詳細はこちら!

マイナビ薬剤師

f:id:huji7:20200605013555p:plain

運営は、日本の就職・転職関連のトップ企業の1つでもあるマイナビグループ。
薬剤師の利用者満足度は、5年連続No.1ということで、マイナビ薬剤師も登録しておいて間違えはない転職サイトと言えるでしょう。

特徴① 職場に直接訪問して情報収集している部署がある

マイナビ薬剤師には、それぞれの職場に直接訪問し情報収集している部署があるため、現場で働いているスタッフの声や実際の職場環境について、コンサルタントを通して聞くことができます。(※全ての職場に訪問しているわけではない)

特徴② コンサルタントと直接面談できる

希望すればコンサルタントと面談が可能です。(電話やメールのやり取りだけでもOK)

コンサルタントと面談なんて不要」と多くの方が考えているかもしれませんが、面談することのメリットは意外と大きいです。

まず、自分をより知ってもらうことができます。知ってもらうことで、コンサルタントがおすすめの求人を探しやすくなりますし、転職先にも推薦してもらいやすくなるでしょう。(賃金交渉の場合など)

ちなみに面談会場は全国に15箇所以上あるため、地方在住の方でも安心です。

f:id:huji7:20200606225358p:plain

また、忙しくて会場まで行くことができない方は、自宅近くのファミレスや喫茶店などで面談することも可能です。

つまり、マイナビ薬剤師はじっくり時間をかけて相談し、転職活動したいという方には、おすすめの転職サイトと言えます。

特徴③ コンサルタントが面接に同行してくれる

希望すれば、転職先の面接にもコンサルタントが同行してくれます。こちらも「面接に同行なんて不要」と考えがちですが、想像以上にメリットは大きいです。

面接に同行してもらうことで、緊張もほぐれますし、自分の良さを企業側に言い忘れた場合など、コンサルタントが的確にフォローしてくれます。

特徴④ 店舗名や企業名が最初から掲載されている

マイナビ薬剤師のサイトで求人を検索すると、最初から企業名や薬局名を確認することができます。(他の転職サイトは、コンサルタントに確認しないと企業名や薬局名は確認できない)「それって重要?」などと思う方もいると思いますが、これが意外と助かります。薬局名や企業名を最初に確認できることで、「ここは大手だからやめておこう」、「この会社はあまり良い評判を聞かないな」などと応募する前に自分でスルーすることができるわけです。

特徴⑤ 派遣求人の紹介は不可

マイナビ薬剤師では、派遣薬剤師の求人紹介は行っていません。これはマイナビ薬剤師の大きな弱点とも言えるでしょう。

③ ファルマスタッフ

f:id:huji7:20200605011055p:plain

大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営している転職サイトです。調剤薬局が運営している転職サイトということで、 一見怪しさもありますが、コンサルタントの質も高く、良い求人も多数掲載されているため、薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1と言われています。(※日本マーケティングリサーチ機構調べ 2019年7月)ファルマスタッフも登録しておいて間違えない転職サイトと言えるでしょう。

特徴① コンサルタントが職場に直接訪問

マイナビ薬剤師と少し異なり、ファルマスタッフではコンサルタントが自ら直接職場に訪問し、情報を収集しています。(※全ての職場に訪問しているわけではない)

コンサルタント同士で情報を共有しているため、自分の担当者が希望の職場に訪問していなくても、しっかりとした情報を得ることができます。

特徴② コンサルタントと直接面談できる

マイナビ薬剤師と同じく、コンサルタントと直接面談が可能です。

しかし、1つだけ大きな違いがあります。

ファルマスタッフの場合、登録後まずは面談を勧められるということです。(マイナビ薬剤師は希望しなければ面談できない)このあたりが、ファルマスタッフは1人1人の転職者とのコミュニケーションを大事にしていると感じます。ちなみに面談会場は全国12箇所にあり、面談が可能です。

f:id:huji7:20200605115611p:plain

また、ファルマスタッフも自宅近くのファミレスや喫茶店までコンサルタントに来てもらい面談することも可能です。私も利用しましたが、家近のファミレスで面談してもらいました。

特徴③ コンサルタントが面接に同行してくれる

こちらもマイナビ薬剤師と同じく、希望すればコンサルタントに面接同行してもらうことが可能です。

特徴④ こだわり条件の選択肢数は一番充実

今回紹介する3社の中で、こだわり条件の検索機能はファルマスタッフが一番充実しています。検索できる選択肢の数はなんと48個!

f:id:huji7:20200605020247p:plain

完全オーダーメイドで、自分好みの案件を検索することができるでしょう。 

特徴⑤ 派遣求人数が多く、教育システムも魅力

ファルマスタッフも派遣求人が多数掲載されており、薬キャリほどではないですが、福利厚生も充実しています。(派遣薬剤師として雇用契約した場合)

f:id:huji7:20200607224357p:plain

また、ファルマスタッフの大きな特徴として、日本調剤の教育システムを利用することでスキルアップが可能な点が挙げられます。

ファルマスタッフの詳細はこちら!

求人数を徹底比較

f:id:huji7:20200607220447p:plain

求人数を比較すると、転職サイトにより強みは異なることがわかります。

調剤薬局の求人はファルマスタッフ

・病院の求人は薬キャリ

・ドラッグストア求人はマイナビ薬剤師

・MRや治験など企業求人はマイナビ薬剤師

・高額年収の求人に強いのは薬キャリ

・派遣求人に強いのはファルマスタッフ

※求人数は日々変動するので、あくまでも参考程度に。

失敗しない転職サイトの選び方

転職サイトを選ぶコツを2つ紹介します。

① 転職サイトの特徴を把握する

今回紹介した3社は私も個人的に利用したことがあるおすすめの3社ですが、薬剤師の転職サイトは冒頭でも記載したように、世の中に数十社存在します。必ずそれぞれのサイトには特徴があります。まずは、各転職サイトの特徴をしっかり見極め、自分にあったサイトに登録することが重要です。

② 複数のサイトを登録する

多くの方が1社だけ登録して転職活動を行いますが、複数のサイトを登録することを私はおすすめします。コンサルタントも1人の人間です。どんない良い転職サイトに登録したからといって、必ずしもコンサルタントと相性が合うとはかぎりません。そもそも1社だけの登録では、相性が良いのか悪いのかも、わからないと思います。

また、転職サイトによって意外と求人は異なります。複数登録しておくことで、選択肢が増え、より良い転職活動ができることは間違えありません。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

まとめ

f:id:huji7:20200607215823p:plain

一見同じような転職サイトでも、それぞれ特徴があり、強みも異なることがわかってもらえたと思います。

各転職サイトの特徴をしっかり見極め、自分に合った転職サイトを見つけていきましょう。
ではまた。