ヤクペディア

お薬や薬剤師の様々な疑問を解決していく百科事典ブログです

薬剤師必見!失敗しない転職の方法や注意点について徹底解説するよ!

f:id:huji7:20200529022014j:plain

今回のテーマは、薬剤師の転職について。

薬剤師は、転職がとても多い職業として知られています。

人によっては1度や2度に留まらず、何度も転職してしまっている方もいるでしょう。しかし、転職活動はとても労力が必要であり、転職の回数を重ねることは、職歴に傷をつけることにもなりえます。

そこで今回は、転職を考えている薬剤師さんが、より良い転職ができるための方法や注意点について詳しく解説していきたいと思います。

転職活動する上でやるべきこと 

f:id:huji7:20200529021755j:plain

まずは、薬剤師が転職活動する上でやるべきことを3つ紹介します。

① 転職したい理由を整理する

転職したい理由というのは、意外と定まっていないものです。人間関係なのか、 仕事量の問題なのか、報酬に不満があるのか、理由は人それぞれだと思いますが、重要なのは一時の感情に流されてはいけないということです。転職した後、「やっぱり前の職場の方が良かった」ということも結構あるので、なぜ転職したいのか理由を明確に整理しておくことが重要です。

「仕事をする上でこれは譲れない。転職することでここは改善されるので、転職しよう!」などと、理由を整理しておくことは、より良い転職に繋がる可能性が高くなると言えるでしょう。

② 各転職サイトの特徴を知る

薬剤師専門の転職サイトは、私が知るだけでも20社ほど存在します。一見どの転職サイトも同じように見えますが、実はそれぞれに特徴があります。

まずはその特徴を把握し、自分に合った転職サイトに登録することが重要です。

③ 転職サイトは複数登録する

ほとんどの方は一社しか登録せずに転職活動を行ってしまいますが、それはあまり良い判断とは言えません。理由は3つあります。

理由1. サイトにより求人が異なる

転職サイトにより、募集されている求人は意外と異なります。

また、登録しないと見ることができない非公開求人も各サイトで持ち合わせています。つまり、複数登録しておくことで、掘り出し物のお宝求人と出会う可能性が高くなるということです。

理由2.サイトにより検索条件が異なる

転職サイトにより、検索できる条件は大きく異なります。

例を挙げると、薬剤師転職サイト「薬キャリ」では、ママ薬剤師にお薦め独立支援制度あり有給休暇の取得推奨など、他の転職サイトにはないこだわり条件で検索することができます。

一方、薬剤師転職サイト「リクナビ薬剤師」では、受付している処方科目を選んで求人検索調剤薬局の場合)が可能というような違いがあるため、人によってサイトの利便性は異なると言えるでしょう。

理由3.担当者の当たり、はずれがある

いくら良い転職サイトに登録ができたとしても、時には相性が良くない担当者にあたってしまってしまうこともあると思います。そもそも1社だけしか登録していないと、相性が良くないのかどうかもわかりません。

以上3点の理由から、複数の転職サイトに登録する必要があるわけです。  

ここがPOINT!

10社以上登録してしまうなど、登録のし過ぎも良くありません。選択肢が多過ぎると、逆により良い選択ができない可能性もでてくるためです。個人的には、多くても3〜4社ぐらい登録しておけば十分かと考えます。

転職活動する上でNGなこと

f:id:huji7:20200529021253j:plain

今度は、逆に薬剤師が転職活動する上でNGなことを2つ紹介します。

① 転職サイトに登録せず直接応募

転職サイトを介さずに、直接応募するのは避けましょう。

理由として、聞きたい情報を聞けなかったり、賃金面に不満がある場合は交渉し難くなるからです。

その点、薬剤師専門の転職サイトに登録すると、通常専任の担当者がつきます。直接聞きにくいことや賃金交渉は、担当者が全て間にはいってやり取りしてくれるのです。

薬局やドラッグストア内で募集の広告を見ても、慌てて直接応募するのではなく、まずは転職サイトに登録して、転職サイトを介して応募しましょう。

② 職場を辞めてから転職活動

人の心理として、退職して身軽になった方が、転職活動に真剣に取り組むことができると思ってしまいがちです。

しかし、可能であれば今の職場を辞めずに転職活動することをおすすめします。

職がないということは、無収入の状態です。

無収入の状態を何ヶ月も続けることはできません。

すると、どうなるのか?

次第に焦りが生まれてきます。

f:id:huji7:20200529021440j:plain

「そこまで希望通りではないけど、前の職場よりは良い気がするから、ここにしよう!」などと慌てて次の職場を選んでしまう。

結果、新しい職場に合わないためまた転職。。なんてことはよくあるケースです。

また、転職活動することで、逆に今の職場の良さが見えてきて、「やっぱり転職しない方が良い!」ということも割とあります。

補足情報(ここには気をつけて!)

f:id:huji7:20200531121827j:plain

今回の記事を作成するにあたり、多くの転職サイトやブログなどを拝見させていただきました。そこでいくつか気がついたことがあるので、補足情報として紹介していきたいと思います。 

体験談や口コミはあまり参考にならない

実際の転職体験談を載せて「この転職サイトがオススメ!」などと謳っているブログをたまに見かけますが、信じ過ぎてしまうのは良いことではありません。

確かにその方は良い担当に恵まれ、良い転職ができたことでしょう。しかし、その方と同じ転職サイトに登録したからといって、同じ担当者にあたるわけではないですし、その転職サイトに自分に合う求人があるとも限りません。

体験談や口コミは参考程度に捉えておき、自分にあった転職サイトを複数登録することが重要となってきます。

転職サイトには釣り広告もある

募集はとっくに終わっているのに、広告はずっとでているということがたまにあります。実際に、私が勤めている薬局は今現在薬剤師の募集していませんが、某大手薬剤師転職サイトをを確認したところ、募集の広告がずっとでています。試しに、違う薬局の薬剤師の振りをして、応募してみましたが、「少し前にちょうど埋まってしまったみたいです。他にこんなおすすめ求人もありますがいかがですか?」と連絡がきました。(実際は2年ほど前から薬剤師は充足しており、募集は特にかけていない)

薬剤師転職サイト一覧

登録者が比較的多い、大手薬剤師転職サイトを4つ紹介しておきます。

各転職サイトの特徴についてはこちらの記事を参照して下さい。

まとめ

最後に、もう一度重要なことをまとめておきます。

POINT!

・今の職場を辞めずに転職活動すること

・転職サイトの特徴を把握すること

・自分に合うであろう転職サイトを複数登録すること(登録のし過ぎは注意) 

ではまた。