ヤクペディア

お薬や薬剤師の様々な疑問を解決していく百科事典ブログです

薬剤師が年収1000万円は可能?年収アップの方法を紹介するよ!

f:id:huji7:20200420004656j:plain

今回は、薬剤師の年収事情について。

こんなことを考えたことはありませんか?

薬剤師が年収1000万円は可能なの?

ずばり、可能です!

しかし、ハードルは中々高いです。

薬剤師の平均年収は544万円ほどと言われています。(大手転職サイト調べ)

つまり、普通に働いているだけでは年収1000万円など夢のまた夢です!

今回は、薬剤師が年収1000万円に達するための方法を紹介していきます。

方法① 薬局の経営者になる

f:id:huji7:20200420004053j:plain

薬局経営者の年収は、500万円〜3000万円(1店舗経営)ほどです。

成功すれば1000万円どころか、数千万円の年収に達することも可能です。

しかし、500万円〜ということで、経営者になれば必ず1000万円に達するわけではありません。

また、薬局の開業資金で1500万円〜3000万円ほどは必要となってくるため、まさにハイリスク・ハイリターンの選択と言えるでしょう。

調剤報酬も年々厳しくなってきているこのご時世、医師と強いコネクションを持っているか、「自分の薬局を持ちたい!」という余程の熱意がない限りは開業はおすすめしません。 

方法② 企業で出世する

f:id:huji7:20200420005306j:plain

調剤薬局の場合

調剤薬局の平均年収は、575万円ほどですが、大手調剤薬局の重役につけば、年収1000万円をもらうことも可能です。

しかし、ハードルはかなり高いと言えるでしょう。

まず、数十店舗経営の中小薬局ではいくら重役になろうが1000万円は難しいと思われます。

数百店舗を経営している大手調剤薬局の部長クラスの役職は、最低でも必要となるでしょう。つまりは、何百人の薬剤師を束ねる存在になるということです。

当然、熾烈な出世争いが待ち構えています。

また、大手調剤薬局には様々な売上ノルマも存在します。

薬剤師としてのスキルが高ければ必ずしも出世できるというわけではありません。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアの平均年収は、650万円ほどですが、調剤薬局と同じように部長職のような重役につけば年収1000万円をもらうことも可能です。

もちろんですが、調剤薬局と同じように熾烈な出世争いは避けれません。 

また、ドラッグストアで出世するには、長い下積みも必要となるでしょう。品出しやレジ打ちなど本来の薬剤師業務とは異なる仕事も数多くこなしていく必要があります。

病院薬剤師の場合

病院薬剤師の平均年収は、525万円ほどと言われており、薬剤師の仕事の中では一番年収が低い仕事となります。

それでも、病院内のトップである薬剤部長になれば年収1000万円に到達ケースもあるようです。

しかし、1つの病院の中だけとはいえ、トップを目指す必要があるわけです。並大抵のことではないでしょう。

MR(医薬情報担当者)の場合

MRの平均年収は、900万円ほどですが、大手製薬会社のMRともなれば平均年収は1000万円を超えます。

f:id:huji7:20200420022206p:plain

また、薬局やドラッグストアとは異なり、部長クラスまで昇進しなくても年収1000万円をもらうことが可能でしょう。

f:id:huji7:20200421002721p:plain

しかし、誰もがMRの職につけるわけではありません!

薬局やドラッグストアに比べて募集人数は非常に少なく、就職活動は困難を極めます。また、転勤はつきものですし、医師との会食などを定期的にこなしていくスキルも求められます。 

研究職の場合

研究職の平均年収は、800万円ほどと言われていますが、転職(研究職から研究職)やヘッドハンティングにあうことで、年収1000万円に達することも多いと言われています。

しかし!研究職への就職は、MR以上に狭き門です。

一般的に、私立の大学からはほとんど研究職へ就職することはできないとも言われています。また、研究職で働く方は、薬剤師の国家試験をあえて受けていないという人も多いので、これが薬剤師と言えるのかというと微妙なところです。

方法③ 副業をおこなう

f:id:huji7:20200420005444j:plain

年収をアップさせるためには、一番現実的な方法と言えるでしょう。

しかし、副業1つでは中々年収1000万円まで達することは難しいと思われるので、複数こなしていく必要があります。

ここでは、薬剤師が行える副業をいくつか紹介していきます。

派遣薬剤師

派遣薬剤師の平均時給は、3000円ほどとなります。

仮に月に4回ずつ1年間、副業として働いた場合、年間約120万円ほどの収入となります。

計算方法

3000円×8時間=2万4千円(1日の報酬)

2万4千円×4回×12ヶ月=115万2千円(年間の報酬)

学校薬剤師

学校薬剤師の平均報酬は16万円ほどと言われています。

しかし、地域によってはもっと多くもらえる場合もありますし、複数の学校を担当すればその分報酬を増やすことも可能となります。

実際には私は、学校薬剤師の収入だけで40万円ほどの報酬をいただいていますし、同じ地域では、複数校担当することで2倍、3倍と報酬をもらっている薬剤師もいます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

薬剤師会の休日診療(地域によっては、報酬がない場合もあり)

休日診療の平均報酬は、3万円ほどと言われていますので、複数回行うことで、数十万円は年収を増やすことができます。

ブログ

薬剤師の仕事をこなしながら、ブログを運営している薬剤師ブロガーは多く存在します。ブログで稼ぐことは簡単なことではありませんが、パソコン1つあれば誰でも始めることができるため、挑戦してみる価値はありです。

実際に、有名な薬剤師ブログ1つ「薬ロマ!」の月間ブログ収益は60万円ほどとのことです。(薬剤師ユーチューバーであるパンダ先生が解説していました)

ブログだけで年間700万円ほどの収入。羨ましい。

「薬ロマ!!」のブログはこちら。

www.romanpharmacist.com

最後に

いかがでしたか?

薬剤師が年収1000万円を稼ぐことは、可能ですが多くの努力が必要ということがわかっていただけたかと思います。

ちなみに副業は禁止となっている会社もあると思いますので、副業を始める前に就業規則を必ず確認しましょう。

ではまた。