ヤクペディア

お薬や薬剤師の様々な疑問を解決していく百科事典ブログです

3種類ある市販のロキソニンは何が違うの?おすすめのロキソニンはどれ?【現役薬剤師が徹底解説】

f:id:huji7:20200216183751j:plain

今回のテーマは、ロキソニン

多くの方が一度はドラッグストアで購入したことがあるでしょう。

このロキソニン

購入する際、こんな事を思ったことはありませんか?

どれを選べば良いかわからない!

市販のロキソニンは全部で3種類あります。(処方箋なしで購入できるロキソニン

この3種類。一体何が違うのか?

そしてどれがおすすめなのか?

今回は、市販のロキソニンの違いについて徹底解説していき、

現役薬剤師がおすすめするロキソニンをずばりお教えします。

それでは早速、3種類のロキソニンを紹介していきます。

ロキソニンS

f:id:huji7:20200215213043p:plain

ロキソニンS・基本データ

f:id:huji7:20200215211044p:plain

おすすめポイントは?

ずばり、医療用のロキソニンと全く同じ薬です。

医療用とはつまり病院で診察を受け、薬局でもらえる処方箋薬のことです。

f:id:huji7:20200216003743j:plain

名前がロキソニン」と「ロキソニンS」で異なるため、違う薬だと思う方が多いですが、実際は添加物も全く同じで、効き目も100%同じです。

※添加物とは、わかりやすく説明するなら薬を成型するための物質です。添加物は薬の効果には影響しないため、仮に違っていても問題はありませんが、医療用のロキソニンと市販のロキソニンSは添加物も全く同じです。 

ロキソニンSプラス

f:id:huji7:20200215213209p:plain

ロキソニンSプラス・基本データ 

f:id:huji7:20200215211233p:plain

おすすめポイントは?

痛み止めは胃を荒らします。そのため、胃薬成分を配合してあります!

これがメーカー(製薬会社)のおすすめポイントです。

果たして、本当に胃薬成分が含まれていた方が良いのでしょうか?

詳しくは後述します。

ロキソニンSプレミアム

f:id:huji7:20200215213229p:plain

ロキソニンSプレミアム・基本データ

f:id:huji7:20200215211524p:plain

おすすめポイントは?

有効成分を見てもらえばわかる通り、鎮痛成分が多く含まれており、さらに胃を守る成分も含まれています。単純に考えれば、流石はプレミアム。胃にも優しく、鎮痛効果も強く、「最高のロキソニン」という感じです。 

果たして本当にプレミアムが良い薬なのでしょうか?詳しくは後述します。

3種類のロキソニンの違い・まとめ

f:id:huji7:20200216142049p:plain

主要成分は3つとも全く同じです。違いは補助成分にあります。

また、1つ注目しておきたいのが、プレミアムだけ1回量が2錠ずつだということ。そのため、プレミアムは12回分だと24錠入り(他の2つは12錠入り)になるため、価格がかなり高騰してしまいます。

おすすめのロキソニンはどれ?

では3種類あるロキソニンの中で一体どれがおすすめなのか?

ずばり、 ロキソニンSをおすすめします。

f:id:huji7:20200215213043p:plain

恐らく、ほとんど薬剤師がこのロキソニンSをすすめるでしょう。

一体なぜなのか?

プレミアムの方が効き目も良いし、胃に優しいのでは?

次の項目で「プラス」と「プレミアム」のデメリットをそれぞれ紹介していきたいと思います。

ロキソニンSプラスのデメリット

f:id:huji7:20200215220404p:plain

値段が高い

f:id:huji7:20200216001435j:plain

ロキソニンSとの値段差は数十円ほど微々たるものです。価格.com調べ

問題は数十円とはいえ差額を払う価値がロキソニンSプラスにあるのか?

ということ。

ずばり、

ロキソニンSプラスに付加価値はありません!

そもそも値段が高いのは鎮痛成分に加えて、胃薬成分が含まれているためです。

ロキソニンSプラスに含まれている胃薬成分は、

酸化マグネシウム33.3mg(1回量)。

この胃薬成分ですが、ほとんど効果がないと言っても過言ではないでしょう!

酸化マグネシウムは、確かに制酸作用(胃酸を抑え、胃を守る効果)がある薬です。しかしその効果を発揮するために33.3mgでは全く足らないのです。

制酸作用を発揮するためには、あと10倍は多く酸化マグネシウムが含まれている必要があります。

酸化マグネシムの制酸作用の基準用量:1日500mg〜1000mg

多く見積もって、ロキソニンSプラスを3回(MAX用量)飲むと仮定しても

33.3×3=99.9mgで全く足りません。。

なぜもっと多くの酸化マグネシウムをいれなかったの?

酸化マグネシウムは、高用量になると下痢作用(便秘改善効果)もあるため、高用量をいれることができなかったと思われます。

そもそもですが、医療用の薬(処方せん薬)で酸化マグネシウムを胃薬として使うことはほとんどありません。

なぜ酸化マグネシウムが胃薬成分として選択されたのか?

少しでも胃薬成分をいれることで、付加価値をつけることができます。酸化マグネシウムは胃薬成分の中でも特に原材料が安いため、選択されたのだと思われます。

つまりは、製薬会社の販売戦略だということです。

ロキソニンSプレミアムのデメリット

f:id:huji7:20200215220855p:plain

デメリット① 1回量は2錠

先程も少し記載したようにロキソニンS」と「ロキソニンSプラス」は1回量が1錠ですが、「プレミアム」だけは1回量が2錠となっています。

2錠飲むことで主要成分であるロキソプロフェンの量は、他のロキソニンと同じになるのです。

恐らく、色々な成分を詰め込み過ぎたせいで無理矢理1錠にまとめると、

とても大きな錠剤になってしまうためだと思われます。

デメリット② 値段が高い

f:id:huji7:20200216001435j:plain

1回量が2錠だということ、そして主要成分以外に多くの成分を入れてしまったこともあり、他の2つのロキソニンよりもかなり高額になります。

問題は、先程と同じように補助成分に付加価値があるのか?ということ。 

ずばり、補助成分に付加価値はないでしょう!

まずプレミアムに含まれる胃薬成分ですが、プラスと同じように胃薬効果はほとんどないといえるでしょう。

プレミアムに含まれる胃薬成分は、

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100mgです。

確かに、この成分にも制酸作用(胃酸を抑え、胃を守る効果)があります。

しかし、こちらも前項の酸化マグネシウムと同じように、制酸作用を発揮するためには用量が全く足りません。

メタケイ酸アルミン酸マグネシウムの基準用量:1日1500mg〜4000mg

一体なんのためにいれた?

と思うほど極微量の胃薬成分が含まれていることになります。

デメリット③ カフェインが良くない!

f:id:huji7:20200216002318j:plain

コーヒーなどに含まれているカフェインは、中枢神経を刺激することで眠気やだるさをとり、頭重感も軽減してくれる可能性があることから市販薬にも含まれていることが多い成分です。

ちなみにプレミアムの成分一覧には「無水カフェイン」と記載されていますが、カフェインから水分を抜いたものを「無水カフェイン」というだけで効果は同じ物です。

メリットもあるカフェインですが、もちろんデメリットもあります。

カフェインの取り過ぎは不眠や脱水効果、イライラ感を引き起こすこともあります。また、カフェインは依存性がある物質で逆に頭痛を引き起こす可能性もあるのです。

鎮痛薬として飲むのに、逆に頭痛を引き起こす可能性があるとはなんとも不思議なことです。

プレミアムに含まれるカフェイン量は1回量で50mgと少なめ(成人のカフェイン推奨量は約400mg)ではありますが、やはり薬にカフェインは含まれていない方が良いと言えるでしょう。 

デメリット④ アリルイソプロピルアセチル尿素も良くない!

f:id:huji7:20200216002318j:plain

プレミアムに含まれている鎮痛補助成分。

アリルイソプロピルアセチル尿素

一言で言えば、この成分はあまり良いものではありません。

確かに鎮痛効果があるであろうアリルイソプロピルアセチル尿素ですが、薬疹が起こる頻度が高い成分で、連用するとカフェインと同じく依存作用があり、逆に頭痛を起こす可能性もあります。また、稀ではありますが紫斑病と言う血液の病気を引き起こす可能性があることもわかっており、実は日本以外では使用されていない成分なのです。

しかし日本では不思議なことに多くの市販薬にこの「アリルイソプロピルアセチル尿素」が含まれているのです。

市販薬を購入する際は、この成分が含まれていない薬を選んだ方が良いとも言えるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

一番おすすできるロキソニンは、余計な成分が入っていないロキソニンSだということがわかってもらえたと思います。

ちなみにですが、こんな事実もあります。

3種類の中で一番売れている市販のロキソニンは?

f:id:huji7:20200216184920p:plain

Amazonの痛み止め売れ筋ランキングを見ると、ロキソニンSプレミアムが一番売れているようです。ちなみにロキソニンSプラスは9位でした。(R2/2現在)

恐らくですが、テレビCMや「プレミアム」と言う名前の広告効果が大きく影響していると考えます。

最後に一番重要な事を言います!

鎮痛薬の連用は間違えなく胃を荒らします!

可能な限り使用は控えましょう!

f:id:huji7:20191127005513j:plain

ではまた。