ヤクペディア

お薬や薬剤師の様々な疑問を解決していく百科事典ブログです

健康サポート薬局研修を受けるなら薬剤師会よりもNPhA(日本保険薬局協会)をおすすめする5つの理由

いよいよ調剤報酬改定まであと数ヶ月。

2年ごとの改定ですが、いつもあっという間に感じてしまいます。

前回の改定で色々変わって、やっと慣れてきたな〜と思ったらまた改定。。

しかも年々厳しい内容になってきている。

次回の改定の目玉として大きく関わってくるであろう項目の1つ。

健康サポート薬局

f:id:huji7:20191123220603j:plain

この健康サポート薬局。

取得するために必要な集合研修とeラーニングが結構大変ですよね。。

ちなみに皆さん!

どこの機関で集合研修とeラーニングを受講しましたか?

もしくはこれからどこで受講される予定ですか?

そもそもどこで受講すればいいのかわからないという方は、こちらの記事を参考にして下さい。 

www.yakupedia.com

多くの方は薬剤師会で受講と答えるでしょう。

しかし!

(ここで今回一番重要な事を言います)

健康サポート薬局の研修ですが、

薬剤師会ではなくNPhAで受講することをお薦めします!

NPhA?

一体なんぞや?

知らない方も多いと思います。

NPhAは日本保険薬局協会の略称で、薬剤師会とは異なり法人を対象とした薬局支援団体です。

詳しくはこちらのHPを参照して下さい。

secure.nippon-pa.org

一体なぜあまり聞いたこともないNPhAなどという機関で受講した方がよいのか?

メジャーな薬剤師会で受講した方がいいのでは?

今回は、NPhAで受講した方が良い理由を5つにまとめてみました!

それではいってみよう。

理由❶ NPhAは募集枠に空きがある

まず、薬剤師会が開催している研修会は、開催日程がとても少ないです!

研修会が開催される日は、半年に1回ほどではないでしょうか?(開催回数は地域差がありますが、どの地域も少ないのは事実です)

そのため、開催日程が決まり、参加募集がスタートしたと思ったらすぐに定員の枠は埋まってしまいます。私は東京都薬剤師会に所属していますが、過去に募集がスタートして2、3日後には枠が埋まってしまい参加できないという事がありました。

その点、NPhAの研修会は頻度多く開催されています。

こちらをご覧下さい。

f:id:huji7:20191123210526p:plain

引用)日本保険薬局協会HP ※R1/11/24現在

https://secure.nippon-pa.org/h-support/programlist.pdf

また、NPhA自体があまり知られていないことも重なって、定員の枠はすぐには埋まりません!(研修会当日までには、満員になることが多いので注意!)

理由❷ NPhAは1日で修了証を取得できる

まず、薬剤師会が開催している集合研修はA研修、B研修と2つに分かれており、2つの研修を受講しないと修了証を取得することができないのです!

そして問題なのが、このA、B2つの研修は必ず別日に開催されているのです!

ですので、B研修は終わったけど、A研修は満席で受講する事ができない!

なんてこともあります。。

その点、NPhAが開催している集合研修は、A、B2つに分かれておらず、1日研修を受講するだけで修了証を取得できるのです!

理由❸ NPhAは研修費用が安い

こんな良い事づくめのNPhAの研修ですが、なんと研修費用も安いのです!

薬剤師会の研修費用は?(集合研修+eラーニング)

 会員;約16800円

非会員;約24800円

(各地域の薬剤師会によって多少異なります)

NPhA研修費用は?(集合研修+eラーニング)

 会員;6600円

非会員;9000円

というか薬剤師会とNPhAで価格差あり過ぎ(笑)

また、こちらの記事でも書いたように、他のどの機関で受講するよりもNPhAの研修は安く受講できます! 

www.yakupedia.com

理由❹ NPhAは他県に移住しても修了証が有効

薬剤師は、会社の都合や結婚などを機に違う県に転勤して働くことは決して珍しくありません。特に大手チェーンで働いている薬剤師さんにとって、他県に異動なんて日常茶飯事ですよね。

この健康サポート薬局の認定ですが、薬剤師会の研修を受講し修了証をもらった場合、なんと他県に移住すると無効になります! 取り直しです(笑)

こちらをご覧下さい。

既に研修修了証を有している者が、勤務先の薬局が異なる都道府県に変更になった場合の取扱いについて

厚生労働省の定める研修要綱にて、「技能習得型研修」の「3.地域包括ケアシステムにおける現状と薬剤師の対応」の研修(研修会Aにあたります)は、研修受講者は、自らが勤務等する薬局が所在する地域の地域包括ケアシステムに係る研修を受講すること、とされています。

すでに研修修了証を有している方が、勤務先の薬局が異なる都道府県に変更になった場合には、その薬局が所在する都道府県薬剤師会が開催する研修会Aを改めて受講するようにしてください。

引用;日本薬剤師会HP https://www.nichiyaku.or.jp/activities/support/kensyu.html

せっかく苦労して研修を受講したのに、受講し直しとは恐ろしい。。

かたやNPhAの研修を受講し認定を受けた場合、

他県に移住しても修了証は有効です!

そんな馬鹿な(笑)

こちらをご覧下さい。

f:id:huji7:20191123213959p:plain

引用;日本保険薬局協会HP

https://secure.nippon-pa.org/h-support/move

いやどうなってるの!?

薬剤師会さん!

理由❺ NPhAはeラーニングが簡単

冒頭でも少し話したように、健康サポート薬局の認定を受けるためには、集合研修に加えてeラーニングをWebで受講する必要があります。

このeラーニングですが、薬剤師会、NPhAでなんと難易度が異なります!

はっきり言ってNPhAのeラーニングはめちゃくちゃ簡単です!

なんで簡単なのかって?

eラーニングは、ネットで講義を見た後テストがあり、テストが全問正解だと次に進むことができます。(このシステムは薬剤師会もNPhAも同じです)

NPhAのeラーニングは、このテストが簡単なのです!

だって毎回同じ問題なんですもの。。

しかし出題される順番まで一緒。。

さらに!

あまり言いたくありませんが、講義は見なくてもドラッグして一気にテストまで画面をとばすこともできます!もちろん推奨はしません!

薬剤師会のeラーニングだとこうはいきません。問題のパターンも多く、出題される順番も毎回異なります。講義をすっ飛ばすことなんてもちろんできません!

ある意味NPhAのeラーニングは穴があるとも言えますが、いかに楽に取得するかという点だけで考えるとこの簡単さはメリットだと思います。

デメリットはあるの?

メリットだらけのNPhA研修会ですが、デメリットはあるのでしょうか?

一応デメリットはあります!

デメリット① 1日通しで集合研修を受けるのは大変

1日集合研修を受講するだけで修了証を取得できるのは手っ取り早いというメリットがある一方、体力面ではデメリットにもなります。

というのも、朝の9時〜夜の18時まで。グループワーク込みのみっちり研修は正直過酷です。。

歳なのか私は心身共に疲れきってしまいました。

久しぶりにあんなに長く座って、

お尻

痛くなっちゃいましたよ。。

デメリット② 開催会場は東京が多い

全国各地で開催されているNPhAの集合研修ですが、やはり東京開催が少し多めですね。約50%は東京開催です。しかし私が受講した時は、岩手や広島など遠方から来られている方も多くいました。

それだけNPhAで受講するメリットは大きいのです!

東京観光も兼ねて受講しにくるのもいいのでは?

最後に

いかがでしたか?

いかにNPhAで受講するのが良いかわかっていただけたかと思います。

これから健康サポート薬局の研修を受講されるという方は、

是非NPhAで受講しましょう!

(ちなみに私はNPhAのまわし者ではありません笑)

ではまた。